本人に告知しないと保険金請求できないの?

入院中

ご家族ががんと診断された時、考えるのは告知のことですね。
がんの告知をすることで、ご本人が大きなショックを受けてしまうかもしれません。 ご本人の性格などを考えて、告知をしないことを選びたいご家族の方もおられるでしょう。

しかし、がんの治療をする上で、がん保険の保障は大きな支えになります。
保険金の請求手続きは本人が行うものですが、 もし、ご本人にがんの告知をしない場合、保険金は請求できないのでしょうか。

本人以外でも保険金の請求はできます。
指定代理請求制度という制度で、 被保険者本人が保険金請求をすることが難しい場合に、 被保険者に変わって保険の請求を行う代理請求人をあらかじめ指定しておくものです。

指定代理請求人に指定できるのは一名です。
指定できる範囲ですが、被保険者の配偶者、直系血族、兄弟姉妹、 被保険者と生計を一にしている三親等内の家族とすることが一般的です。

保険契約時に指定代理請求人を指定する設定になっている場合もありますし、 指定代理請求を特約として付加し、指定する場合もあります。

指定代理請求人を指定していないのであれば、 保険契約の見直し時に特約を付加できます。
特約を付けるには、被保険者の同意が必要です。

がん保険を契約する際、あるいは見直し時に、ご本人とよく相談の上、 指定代理請求人を決定しましょう。
前もって準備しておくことで、もしもの時に慌てずに対応でき、 ご本人は治療に専念することができるでしょう。