がん保険の必要性

入院とお金

がん保険には、がんに特化した様々な保障があります。
医療保険でもがん治療の入院、手術は保障されます。 それでも、がん保険が必要になるのはどんな場合でしょうか。

やはり、金銭面で不安がある場合です。
がんの治療には高額な費用がかかります。 例えば胃がん治療の場合、平均で入院日数が約19日、費用が約29万円かかります。
このように、がんの治療は入院日数が長くなります。
がん保険ならば、支払限度日数は無制限で、しっかり対応してくれます。

がん治療の際には、先進医療など医療保険制度外の治療方法を選択することもあります。
保険対象外の治療を受けた場合、費用は全額自己負担となってしまいますが、 がん保険には、先進医療の保障があります。
そして、がんと診断された時には、がん診断時給付金が支払われます。 何度でも給付金が支給されるタイプの保険もあります。

金銭面の心配は、退院後も続きます。
がんの手術を受けた後も、通院が必要な場合がありますし、 仕事への復帰もすぐにはできないことがあります。 がんの再発や転移の可能性も考えられます。
そのような状況にも、通院保障などでがん保険は対応してくれます。 がん診断時給付金を再発時に再度受け取れる保険もあります。

医療保険制度内での治療であれば、高額療養費制度を利用して、 自己負担限度額以上は戻ってきます。
しかし、保険外診療も想定され、高額な治療費が必要となるがん治療に備えるならば、 がん保険でしっかりと保障をしておくことが安心です。