がん保険の比較ポイント

指差し

がん保険にも様々な商品があります。
がん保険を比較するためのポイントを見ていきましょう。

まずは保険期間です。大きく分けて「定期型」と「終身型」になります。
定期型は、保障の期間が決まっている保険で、10年が一般的です。 保障期間内は一定額の保険料を支払うことになります。
期間が終了して更新する際には、 その時点の年齢と保険料率で計算をするため、保険料が高くなります。 終身型は、一生涯において保障を受けられる保険です。
保険料は変わりませんが、定期型よりも高額に設定されています。 ですが、若いうちに終身型のがん保険に加入すれば、 安めの保険料でずっと保障が受けられることになります。

大事なポイントが、がん診断給付金です。
高額な治療費がかかるがん治療においては、 診断された時に給付される一時金が頼りになります。 この給付金ですが、保証期間内に一度だけ受け取れるものや、 何度か受け取れるものなど、商品によって違いがあります。
また、悪性新生物ではなく上皮内新生物の場合は、 給付金が減額になる保険がありますので、 どこまで保障してくれるのかはチェックしておかなければなりません。

そして、通院保障があるかどうかもポイントです。
がんでの入院日数は短くなり、通院治療が増える傾向になっています。 退院後も通院で治療を続ける可能性を考えると、 この通院保障が必要になってきます。

他には、先進医療給付金があるもの、 健康相談などのセカンドオピニオンサービスが付いているなど、 あると心強い保障内容も調べておきたいです。