がんは治る病気になってきた

抗がん剤治療

日本において、がんで亡くなる人の割合は全体の28.7%で、死因の一位となっています。
男性だけをみると、32.8%にもなります(平成24年度の厚生労働省人口動態調査より)。 がんの多くは、発生の原因が特定されていません。

遺伝や生活態度、色々な要因が考えられますが、 健康な生活を送っていたのに、突然のがん宣告を受ける可能性もあります。

もし、がんを宣告されたら、大変なショックを受けるのも無理はありません。 ですが、 がんを治した人も多数おられます。 絶対に治らない病気ではないのです。

その理由として、がんの治療技術の進歩があります。
がんの基本的な治療として「手術療法」、「薬物療法」、「放射線治療」の 三種が挙げられます。これを三大療法といいます。

この三種の中から、最も効果的であると考えられる療法が選択されます。
場合によっては、多種の治療を組み合わせた、集学的治療が取られることもあります。 これら三種の治療方法は進歩を続けており、 手術をしなくても、薬物療法や放射線治療で治療できる場合もあります。

三大療法の他にも治療方法があります。
代替療法、温熱療法、理学療法などです。 がん治療の痛みや辛さをやわらげる、緩和ケアも重視されています。

そして、 先進医療を取り入れた治療があります。
先端医療には、免疫療法、がん粒子線治療、分子標的薬などがあります。 これらの治療法を、患者一人一人の状態に合わせて組み合わせ、 取り入れていけるならば、がんが治る可能性も高まるでしょう。 治療にはお金がかかります。もし生活費などが圧迫してしまうようであれば、クレジットカードやカードローンで少しお金を借りるということも手段の1つです。
詳細:クレジットカードとカードローンの審査について解説しているサイト

Hired Penでは職業別にお金を借りる方法をまとめているので、こちらも参考にしてください。